2017年2月12日日曜日

最近の活動

昨年から始まった「知ったかアート大学」。
予想以上に大きな反響を得て、今年も各地で開講予定です。
ここで、宣伝のために少し内容について書いておきます。




<「知ったかアート大学」とは?> 
アーティスト佐藤悠による、大学の名を借りたアート講座です。アートについてよく分からない、なんだか難しそうという不安を、その歴史や成立の背景をザックリ説明することで解き明かし、 多くの人にアートを自分の力で楽しむ観点を広めることを目的としています。アーティストならではの目線と軽快なトーク、受講者との交流と対話を交えながらの講義を受けることで、いつの間にやらアートについて知ったかぶりになっている、そんな楽しい大学です。




<設立動機>
地域での芸術祭やアートイベントなど、昨今は身近にアートに触れる機会が増え、興味を持つ人々も増加してきました。しかし、興味を持った人が、「次にどうすれば良いのか分からない」という問題も同時に顕在化しています。分かりやすい入り口から入ったのはいいけれど、その先がよく見えず、二の足を踏んでいる様な状況がよくありますが、かといって、専門家が手を引いて道案内したのでは、多様で可能性に満ちたアートの世界を、実際より狭く小さなものとして見せてしまう危険もあります。アートの世界は、それぞれが自身の力で歩いてこそ大きな価値を持つものです。そこで、アートの大枠をざっくりと伝え、次の一歩をそれぞれが自分で踏み出すための「アート世界の白地図」の役割を担う媒体が必要であると考え、本学の講義が考案されました。 





<本学での学び >
「アートの世界を自分の力で歩く事」が、本学の求める受講生の到達点ですが、何もわからない場所をいきなり歩き始める事は困難です。そこで、アート世界の大まかな「地図」となるものが、本学の講座で学ぶ「知ったか美術史」となります。それぞれの作品や動向が、歴史の中でどのような位置にあるのかを掴めれば、自分の興味や、疑問がアートのどの部分にあるかが見えるようになります。また、講座を通じ、アートについて話すための「言葉」や、同じ志をもった「仲間」も同時に得ることができます。「地図」と「言葉」、そして「仲間」が揃えばもう怖い物はありません。我が物顔で立派な「知ったか」となってアートの世界へずんずん進んで行きましょう。




 <教育理念:「知ったか」とは? >
そもそも「わからない事」に向き合う態度である「アート」に対して、「わかりやすく正しい知識を教える」という行為には矛盾が伴います。そこで本学は、「知ったか」という理念を提唱し、講義内容は必ずしも「正しい」ものではなく、教授陣の勘違いや意訳を多分に含んでいるとあえて表明しています。それはそれぞれにとっての「正しい」知識は常に自分自身で獲得しなければならないという態度を伝えるためです。また、「アートの世界を自分の力で歩く」ためには、受講生も最初は知ったふり、勘違いでもかまわないので、「知ったか大」をきっかけに、とにかく一歩を踏み出し、恥をかいて進んで行こうという意味も含まれています。



<授業内容>
「基礎講座 知ったか美術史」 (約120分)

・1限目:「なぜアートがわからないのか?3つの理由」 約30分 
私たちはなぜアートがわからないのか?その原因を整理し、3つの理由を解説。まずはアートがわからなくて当然なんだと開き直る気持ちを持つところから講義が始まる。 

・2限目:「知ったかになれる美術史」 約50分
約2万年の美術史を約1時間で概説。洞窟壁画からアートプロジェクトまで、ざっくり把握する。アートの世界のおおまかな構造や、それぞれの時代の表現の位置関係をつかむことができ、自分にとっての興味関心がどこにあるのかを知る事ができる。 

・放課後:「もごもご質疑応答」 約30分 
講義を聞いた後の疑問にその場で応答。教授がなかなかはっきりと答えられない姿を間近で見ることで、「アート」に関する物事を簡単に伝えたり、理解できるものではないという、「わからない」ということを正面からと実感するプロセス。

*継続開校予定の場合は、他にも講義を用意。


佐藤学長

<受講者の感想>

日本史、世界史と違い美術史は全く学ぶチャンスがなかったので、「へぇ~」の連続でした。もっと知識を持って(若い頃訪れた)ヨーロッパの美術館を見たら、もっとわかったなあと今更思います。私には縁遠い世界と思い込んでいたアートが少し近くに感じられるようになりました。軽快なトークで飽きずに惹きつけられました。(女性40代) 

めちゃめちゃ面白かったです。アートのいろんな分野を流れとして振り返ることができて「一歩」としてわかりやすかったです。(女性 10代)

先生話うまいっす。(普段は)アートにあまり関わりのある感じではなかったのですが、とても楽しかったです。(男性 20代)

美術史の解説は落語みたいで面白かった。(女性 40代) 

アートの歴史から現在までわかりやすく解説いただき、また日頃感じていたアートプロジェクトに対するモヤモヤについて腑に落ちた。(男性 50代)


<開校歴>
・新潟県十日町市:3回(継続開催予定)
・茨城県常陸太田市:2回(継続開催予定)
・千葉県佐倉市:1回(継続開催予定)
・茨城県取手市:17年3月開校(継続開催予定)
・茨城県大子町:17年初夏開校予定(継続開催予定)


<開校のご用命>
本学は特定の学舎を持たないため、どなたでも任意の場所に誘致することができます。
開校してみたいという方は、こちらのメールアドレスまでご一報ください。

----------------------------------------------------------------------------------------------

近日開校!!

「知ったかアート大学 取手校」
日時:2017年3月4日14:00〜
場所:いこいーの+Tappino
参加費:無料
詳細、お申し込みはこちらのサイトまで。



2016年12月16日金曜日

年始の活動

博士審査展、23日まで上野の芸大美術館で行ってます。

さて、年明け一発目はこちらの企画です。


「しったかアート大学」!!
10月に新潟で始まったこの企画、大人気により第2弾を開催します!

《知ったかアート大学とは》
アートについてよく分からない、なんだか難しそうという不安を、その歴史や成立の背景をザックリ説明することで解き明かし、 多くの人にアートを自分の力で楽しむ観点を広めることを目的としています。アーティストならではの目線と軽快なトーク、受講者との交流と対話を交えながらの講義を受けることで、いつの間にやらアートについて知ったかぶりになっている、そんな楽しい大学です。

本学は、やりたい人が誘致して場所を問わず開講される大学です。興味のある方はご一報ください。



13日「ナン・チャッテ先生の 冬休みアート相談室」:https://www.facebook.com/events/1275016442556503/
14日:「知ったか美術史(再講義)」https://www.facebook.com/events/1739141683079918/

ーーーーーーーーーーーーーーーー
知ったかアート大学 冬期特別講習「新年アート相談室+知ったか美術史(補講)」
【十日町に「知ったか大学」が帰ってくる!】
アーティスト佐藤悠による大学の名を借りたアート講座の第二弾が開催決定!今回は基礎編「知ったか美術史」の再講義と応用編の「アート相談室」を2日連続で実施します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
13日(1日目)「ナン・チャッテ先生の冬休みアート相談室」
学生からのアートの疑問にナン・チャッテ先生が頑張って答えます。答えられないときは学生と共に考えたり書物やネットで調べます。アートの謎を解き明かして気落ちよく新年を迎えましょう。
※イベントの投稿欄にて事前の質問を受付けま
す。お気軽にお寄せください!
参加費:1人1500円 中高校生無料
定員:30名(事前申し込み制)
開場:18:45〜
開校:19:00〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
14日(2日目)「 知ったか美術史(補講)」
10月に実施して大好評だったアートが知ったかぶりになれる「知ったか美術史」を聞き逃した方に向けて再び講義します。これであなたも90分でアート通に!
参加費:1人1000円 中高校生無料
定員:30名(事前申し込み制)
開場:12:45〜
開校:13:00〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
※両日とも申し込み制です。参加希望の方は各日毎にfacebookイベントページの参加ボタンからご表明下さい。*もしくはこのページにコメントください。

※割引制度あります
OB割=学生証提示(写真)で100円割引
ジャスト誕生日割=講義の日が誕生日の方は受講料無料 *誕生日が確認できる書類をお持ちください
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年12月7日水曜日

年内の活動

KENPOKU ART無事会期を終了しました。
KENPOKU SONGSも最終的に9曲が完成しました。
いろいろな会場で流れて、楽しんでもらえたそうです。
メドレーにしたので、続けてどうぞ!





さて、年内の活動は、博士展を残すところとなりました。
いよいよ卒業に向けての展示となります。

展示は09年から行ってきた様々な活動をモチーフにしたものになります。
また、以下のタイトルの論文も発表します。

「『物語構造化』する『日本型アートプロジェクト』に対する表現についての研究 
ー協話と笑いー

アートプロジェクトは「物語」として捉えられるのではないかということをテーマに、その有効性と課題を考えながら、強い引力をもつ「物語構造」を相対化する表現について考えています。詳細は以下。
14日13時からは論文発表を会場で行います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【東京藝術大学大学院美術研究科博士審査展2016】
会期:
平成28年12月13日(火)〜23日(金)
10:00〜17:00(入場は16:30まで)
会場:
東京藝術大学大学美術館ほか上野キャンパス
入場料:無料
休館日:なし
主催:東京藝術大学
協賛:株式会社ストライダーズ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




2016年10月16日日曜日

「佐藤悠のKENMPOKU SONGS」

「佐藤悠のKENPOKU SONGS」
第2弾の2曲配信開始しました。

今回の作品は、茨城県北芸術祭の作品を紹介する歌を作り、PVを配信するというものです。
現在5作を公開していますが、もう少し増やして全8作になる予定です。

また、現地でも「旧美和中学校」「シビックセンター地下」、インフォメーションセンタータブレットでも公開しており、今後も映像の設置場所は増えて行く予定です。

県北に行く前でも、行った時でも、行った後でも楽しめる内容だと思うので、ぜひ見てシェア、拡散お願いします。チャンネル登録もよろしく。

「佐藤悠のKENMPOKU SONGS」
うた:佐藤悠
曲:佐藤悠 西井夕紀子
撮影:瀧田夏輝



『ひだひだ たけたけ ほずほずみ』
(「pearl blueの襞 ー空へ・ソラからー」伊藤公象/作品番号 B-03 高萩市) 
うた:佐藤悠 
曲:佐藤悠 西井夕紀子 
撮影:瀧田夏輝




『やわらかいくうかん
(「No.85」ワン・テユ/作品番号 E-11 常陸大宮市) 
うた:佐藤悠 
曲:佐藤悠 西井夕紀子 
撮影:瀧田夏輝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【茨城県北芸術祭】

<会期> 
2016年9月17日(土)~11月20日(日)[65日間]

<開催市町> 
茨城県北地域6市町
日立市 高萩市 北茨城市 常陸太田市 常陸大宮市 大子町

<主催>
茨城県北芸術祭実行委員会
事務局  電話:029-301-2727 メール:info@kenpoku-art.jp

<作品数>
約100(プロジェクトを含む。約20の国と地域より参加)

<web>
https://kenpoku-art.jp

2016年10月7日金曜日

10月の活動とお知らせ


10月15日 「第6回 旅家塾」



旅する家では、先月から大きなコリントゲームを制作しています。

今月もその続きを行うので、お近くの方はぜひ。

場所:常陸太田市和田町66「ろくろくりん」
時間:13時〜16時ごろ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月16日 「いちまいばなし」in取手ゆめみ野ナチュラルフェスタ




1年ぶりくらいに取手で「いちまいばなし」を行います。
一応講演の時間は決まっていますが、やりたい人が何人か集まれば時間でなくても作れます。
当日は会場で多くのイベントや屋台があるそうです。

場所:関東常総線「ゆめみ野駅」駅前特設会場
時間:10:00〜16:00


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月23日 「御噺屋」 in 越後妻有「上郷クローブ座」秋の文化祭



昨年8月、新潟県十日町で始まった「御噺屋(おはなしや)」がまた越後妻有に里帰りします。
下記の時間中、参加者が集まり次第、随時「いちまいばなし」を行います。
他にも多くのイベント、上演がありますので、詳しくは詳細をごらんください。


時間:11:00~17:30頃
会場:越後妻有「上郷クローブ座」
文化祭入場料:一般2,000円(前売1,500円) 小中学生800円(前売500円)
*料金には文化祭会場入場料、および公演鑑賞料が含まれます(施設入館無料)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月26日 そうだったのか!美術史 知ったかアート大学



冗談から生まれたような、知ったか大学。
初代学長を務め、美術史の講義を行います。


時間:19:00〜
場所:十日町市市民交流センター「ぶんじろう」

~イカのように柔軟な発想で 矢のようにまっすぐな心で
鷹のように鋭い考察で ブリのように進歩する意思を持つ
「いか-にも-しっ-たか-ぶり」を本学の学生に求める精神とします。~

【アーティスト佐藤悠学長の一夜限りの芸術大学が十日町に開校!】

アートの仕組みと歴史を楽しく学ぶことができる架空の「知ったかアート大学」と銘打った講座です。知ったかぶりが出来るくらいの知識を短時間で学べ、最先端の教養がホンノリ身につきます。大地の芸術祭の里、十日町市…私たちの生活環境の中に溶け込んでいるアートを理解すれば、もっと日常が豊かになること間違いなし。みんなでアートのまちを楽しみましょう!

【受講料】
1000円(記念品授与あり)
※持ち込み歓迎、飲食可能(アルコール類は放課後より解禁)

【定員】
40名

詳細こちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「佐藤悠のKENMPOKU SONGS」



youtubeで配信しています。

今回の作品は、茨城県北芸術祭の作品を紹介する歌を作り、PVを配信するというものです。
現在3作を公開していますが、会期中にもう少し増やして全8作になる予定です。
また、現地でも「旧美和中学校」「シビックセンター地下」で公開しており、今後も映像の設置場所は増えて行く予定です。
県北に行く前でも、行った時でも、行った後でも楽しめる内容だと思うので、ぜひ見てシェア、拡散お願いします。チャンネル登録もよろしく。
「佐藤悠のKENMPOKU SONGS」
うた:佐藤悠
曲:佐藤悠 西井夕紀子
撮影:瀧田夏輝

次回は月末に新曲を公開予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2016年9月24日土曜日

「佐藤悠のKENMPOKU SONGS」

「佐藤悠のKENMPOKU SONGS」
youtubeで配信開始しました。
今回の作品は、茨城県北芸術祭の作品を紹介する歌を作り、PVを配信するというものです。
現在3作を公開していますが、会期中にもう少し増やして全8作になる予定です。
また、現地でも「旧美和中学校」「シビックセンター地下」で公開しており、今後も映像の設置場所は増えて行く予定です。
県北に行く前でも、行った時でも、行った後でも楽しめる内容だと思うので、ぜひ見てシェア、拡散お願いします。チャンネル登録もよろしく。
「佐藤悠のKENMPOKU SONGS」
うた:佐藤悠
曲:佐藤悠 西井夕紀子
撮影:瀧田夏輝



#1『ひとまず ノアズバス』
(「ノアのバス」テア・マキパー/作品番号 A-11 日立市) 
うた:佐藤悠 
曲:佐藤悠 西井夕紀子 
撮影:瀧田夏輝



#2『たかとはまにまたそらがおちてきた』
(「落ちてきた空」イリヤ&エミリア・カバコフ/作品番号 B-05 高萩市) 
うた:佐藤悠 
曲:佐藤悠 西井夕紀子 
撮影:瀧田夏輝



#3『観瀑AGAIN』
(「連続的可能性ー袋田の滝」ジョン・へリョン/作品番号 F-18 大子町) 
うた:佐藤悠 
曲:佐藤悠 西井夕紀子 
撮影:瀧田夏輝

2016年8月31日水曜日

ゴロゴロ莇平 2016 道中

今年もこの時期がやってきました。
新潟県十日町市莇平集落で09年から毎年お盆に行われている、「ゴロゴロ莇平」のシーズンです。



8月14日深夜。


怪しげな者達を引き連れて、ゴロゴロは製作場所である幸七=想像する家から、
坂の頂上を目指します。



人力で押し上げられるゴロゴロ。
前夜祭の酔いも毎年だいたいこれで一旦抜けます。


今年はロウソクなしにしたら、ものすごく暗かった・・・
来年からまた復活させます。



当日の安全を願って、今年の「夜ゴロ」は終了。

あけて翌15日。
なんと、8年目にして初めてがっつり雨かもしれないという天候が・・



まあ、山の天気は変わりやすいし、雨なら雨のゴロゴロをすれば良いだけ。
とにかく準備を続けます。


2年前から偶然始まった「お心付け」。2014年の様子
去年からは回収役の「お盆持ち」を配役しました。2015年の様子
(写真は今年の可愛らしいお盆持ち)


今年は集落に「お心付け」用の紙も配って、
より多くの「お心付け」をいただく算段を企てました。


といっても、莇平のみなさんからお金をいただくというよりは、
対外的に「お心付け」の雰囲気を高めるというのか目的で、
中身はお菓子や野菜でもOK!
さて、どうなるでしょうか。



開始の14時が近づきます。
まだ雨は降ってない!


ギリギリ、雨を避けて行えそうです。


頂上で配役、音頭の練習をして、いざ出発!



神社の前で毎年恒例のポンプ放水。
今年はやっぱり少し寒い・・・



第一観覧所



庭先からも放水。
十日町の消防団の法被かっこいい!




かけ水をもらうと、ゴロゴロをぐるぐる回して、応えます。
今年は雨が降っていたからか、なぜか上を向きながら回っていた印象があります。


今年生まれた赤ちゃんも、ゴロゴロ見てくれました。
最年少観覧記録がおそらく更新されました。


お心付けも、結構いただいてます。



集落センターのカーブを回ると、そろそろ終盤です


2010年に、かけ水を始めて行った、あらやしきの父ちゃんが今年は復活。


年を追うごとに、盛大になっていったかけ水のルーツは、
この父ちゃんが思いつきで庭先から巻いてくれた、まさにこんなかけ水でした。


今年は、一回水をまいたポンプが軽トラでゴロゴロを追い抜いて、
終盤でもう一度待ち構えているという、アクロバティックなプレーを見せてくれました。


終盤でもお心付けは抜かりなく。


ここでも大回し。


大地の芸術祭以外の年でも、年々外からの見物人が増えて嬉しい限りです。


最後のカーブを回って、



最後の大回し。



最後なので、多めに回します。


見ていただいた方も、雨の中ありがとうございました!


最後にみんなではいチーズ。
見物していた人も加わったのは、今年初めておこったことでした。



伴走の皆さんもお疲れさまでした!


莇平のドン、かやさんともしっかり握手。


お心付けも本当にたくさん頂き、ありがとうございました。


お米やお菓子、そしてお金も。
550円とかが多かったのは、やっぱりゴロゴロとかけているのかな?
それなら来年は莇平の人には、56(ごろ)円で統一するように声かけしようかな?

本当にたくさん応援いただき、今年分のゴロゴロの制作費をまかなうことができました。
ありがとうございました。

莇平、次は収穫祭にお邪魔します。










クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「いちまいばなし」 by 佐藤悠 is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 License.