2018年2月13日火曜日

「知ったかアート大学」取手校 4限目

ついに取手校では、知ったか大学が4限目に突入しました。

知ったか大学とは?


今回は宇都宮美術館などでも行なっている「鑑賞」に特化した講義を考えています。
「鑑賞」というと、なんとなく作家や作品の発している情報を受け取るような、「受け身」なイメージがありますが、実際はもっと鑑賞者に主体のある能動的な行為で楽しめるものだと思うんですよね。「鑑賞」と「作ること」はほぼ同義というか・・・そんな中で攻める「鑑賞」=「超鑑賞」を実践していきたいと思っています。(ベースは赤瀬川原平の超芸術的な・・)

従来そういったことは、メンタル的な解説が施されますが、ちょっとそれも概念的でわかりにくいものだと思うので、今回はもっとフィジカルに考え、実践してゆく、体操のような考え方でお伝えできればと思っています。作品と自分の間合いの取り方、鑑賞へのコンディショニングの仕方、サプリメント(資料)の摂取の仕方など、アスリートが試合に向かうような感覚で捉えられたら面白そうだなと考えています。

参加無料です。
希望者は以下のページをチェック。


2018年1月29日月曜日

知ったか大学 大子町校 3限目

知ったか大学 大子町校も今回で3限目の授業になりました。


2限目の様子



<担当講師>
イカニモ・ゲソラトゥーン


今回、まず学生の皆さんには、ワークシートに取り組んもらいました。
ワークは、ちょっと美大入試なんかをイメージした、テーマ課題のような形で、
与えられたテーマに対するアンサーとなる作品のプラン、
もしくは既存の作品を回答してもらいます、
その後ワークシートと同様の形で、
「あるテーマを仮定し、このアーティストがもしもそのテーマに答えたらこんな作品になるかも」という視点で、アーティストの作品事例を洪水の様に浴びせる様な講義を90分ほど行いました。

例えば、「愛」というテーマに、もしオノヨーコが答えたらこの作品、もしブランクーシが答えたらこの作品みたいになるかも・・という、妄想のおはなしを通して、

「普遍的な主題」ー「作家の視点」ー「表現方法」という3層くらいが作品にはあって、それらを自分で勝手に仮定して妄想する様に鑑賞すると楽しいかも。。という様な内容でした。

昨年取手で行なった3限目が活きた講義になりました。学生さんの課題解答例も溜まってきたし、やればやるほどまだこの講義は面白くなるような気がします。。。でゲソ!




2018年1月17日水曜日

「饒舌な常設」

「饒舌な常設」
宇都宮美術館にて先週末に公開鑑賞プログラムを行い、
今週から鑑賞者のインタビューを会場に展示しています。


参加者には、鑑賞を考える「ことば」が書かれた3枚のカードが配られます。
1つのカードにつき、約15分間、計45分の鑑賞を終えた後、
どのようなことを感じたのかを、15分程度のインタビューで話してもらいました。

このインタビューの音源がとても良いです。
個人それぞれの鑑賞の私作法や、イメージの広がり、妄想などが垣間見えて、
もう十分見たと思っていた常設作品を見るレイヤーが、幾十も生まれ重なります。
インタビュー音源聴きながら作品をみるのは、
さながら聴覚的なVR体験になるのではと思っています。
会場へ行った方は是非聞いてみてください。


2017年12月20日水曜日

2018年 宇都宮にて展示を行います。

来月、再来月と宇都宮でダブル展示をさせていただきます。
なかなか作品展示の機会というのも最近ないので、とても楽しんでやらせてもらってます。
いい感じのフライヤーもできました。


第1弾:鑑賞プログラム「饒舌な常設」
会期:2018.1.10-4.15
会場:宇都宮美術館
最近しこしこ取り組んでいた、沈黙と自己対話の鑑賞プログラム。今回は宇都宮美術館の代表作、マグリットの「大家族」を題材に、これまでの時間の集大成をお見せできればと思います。1月14日、2月18日に行う特別プログラムの参加者も募集しています。沈黙の鑑賞体験を得たい方は是非。
*特別プログラムとの兼ね合いで、1月16日以降に展示物のコンテンツが完成に近づくので、その頃の来場をお勧めします。
詳しく:http://u-moa.jp/exhibition/collection.html


第2弾:サテライト企画展」「佐藤悠 こととばとことばと」
会期:2018.2.9-2.18
会場:宇都宮市民ギャラリー
2011年から取り組んでいる、即興物語作り「いちまいばなし」。実演の現場を離れて、この面白さを伝えるのにずっ〜と苦労していたのですが、それを乗り越えるために今回「影」を使ったアーカイブ展示を試みてみました。現場の人や絵の様子がそのまま原寸大の影絵となって、会場に映し出されます。2日間の実演パフォーマンス、トークもあるので、展示と合わせてそちらも是非どうぞ。
*美術館ではなく市民ギャラリーでの展示です。けっこう距離あります。
詳しく:http://u-moa.jp/exhibition/satellite.html


柄にもなく今回はけっこう内容攻めました。ご高覧ください。

2017年11月14日火曜日

宇都宮いちまいばなし

宇都宮美術館のサテライト企画で、
来年の頭に「いちまいばなし」の展示を行うことになりました。

それに伴い、宇都宮市街地で来週末にWSを行います。
今回は前からやってみたかった影絵でのパフォーマンスと展示に挑んでみます。
新しい試みで面白いと思うので、興味のある方は以下のリンクから是非お申し込みを。

http://u-moa.jp/event/index.html



WSイメージ

2017年10月3日火曜日

ジェラート&スムージー テーマソング&ミュージックビデオ

茨城県常陸大宮市の道の駅 「かわプラザ」にあるジェラートとスムージーのお店、
その名も「ジェラートアンドスムージー」(以下ジェラスム)さんの依頼を受け、
テーマソングとミュージックビデオを制作しました。




きっかけは昨年の秋。
茨城県北芸術祭KENPOKU ARTS 2016が同地域で開かれていて、僕は他の作家の作品を歌にして宣伝するKENPOKUSONGSというものを発表しました。




この作品は、youtubeで配信の他、数は多くないのですがいろいろな会場のモニターなどで放映されていました。たまたまこの「かわプラザ」でも備え付けのサイレージで毎日繰り返し流れていて、その場所がちょうど「ジェラスム」さんの店舗の前でした。

そこの店長さんは、100近くある県北芸術祭の作品をフルコンプするような、アート好きな若い店長さんで、毎日映像を見ているうちに、洗脳この作品をいたく気に入ってくださったそうです。

お得意のアイシングでクロージングパーティーを演出

で、これもたまたまなんですが、芸術祭のクロージングパーティーが「かわプラザ」で開かれることになり、そこに参加した僕に、お店のカウンターから店長さんや店員さんが声をかけてくれました。

KENPOKUSONGSは映像作品ということもあり、正直、作家として見た人の反応がとてもわかりにくい作品だったのですが、ジェラスムの皆さんから急にものすごい勢いで声をかけられ、写真やサインをたくさん求められました。


たくさんサインしました。

それが、とても唐突で、とても嬉しく、とても戸惑ったのをよく覚えています。店長さんは、芸術祭の作品の前で、KENPOKUSONGSに出て来るポーズやシュチュエーションを真似て撮った写真なんかも見せてくれたりしました。で、それに気を良くした僕は、「お店の曲も作っちゃいましょうよ!」とか、調子のいいことを口ずさんでしまいました。

半分本気で半分は冗談。でも、そうなったらいいなと思いながら会場を後にしました。で、2ヶ月後、本当に店長さんから正式な依頼があり、2月ごろからプロジェクトがスタートしました。

曲は再びKENPOKUSONGSでもおなじみの西井夕紀子さんに担当してもらえることになり、春から店員さんと月一程度ミーティングを開いていきました。

作曲 西井夕紀子さん

当初は、KENPOKUSONGSのように、僕がキャラクターとして歌い踊るようなイメージで考えていましたが、西井さんが自身の製作で様々な人とともに歌を作ってゆく手法を用いていることもあり、(参照:http://nisiiukiko.wixsite.com/dearsomeone)店員さんと一緒に曲を作り、彼女たち自身に歌い踊ってもらうスタイルに徐々に移行していきました。




ジェラスムさんの特徴である、豊富なメニュー数や、地元の皆さんとの食材を通じたつながり、各生産者さんのキャラクターなどなどを、曲に盛り込みたいという、いろんなアイデアが積み重なり、曲はどんどん長大なものになっていきました。


しかし、いきなり自分たちで歌って踊るということに対しては、店員の皆さんも戸惑う部分もあり、僕らもどこまでやってもらえるんだろうかという、一抹の不安もありました。




しかし、望んだレコーディングでは、皆さん積極的に声を出して歌ってくださり、また、それらの声を西井さんが丁寧に拾って、紡いでゆくことで、歌うそれぞれの店員さんがそれぞれらしくあることが、良さや美しさとして顕現するような歌が出来上がりました。

そこから初夏にかけて、映像の製作が始まり、また生産者さんにも歌唱、出演してもらうことになり、撮影周りが始まりました。




店長さんの人柄もあり、生産者さんの皆さんは、どの方も快く楽しんで撮影、出演に協力してくださいました。多くのシーンや歌のフレーズは生産者さん側からアイデアやイメージを提示してもらい、みなさん前のめりで制作に関わってもらったのがとても良かったと思います。




納期が迫り始める夏頃から、ジェラスムの皆さんのボルテージも高まってきて、完成に合わせて発表会をしよう!そこで商品の無料配布や、タイムセールもやっちゃおう!などなど、たくさんの嬉しい提案をしてくださいました。

こういったチラシ付きのティッシュ配りもしてくださいました。
そして、歌と映像が完成した10月1日、完成発表会が執り行われました。


出演されたケーキ屋さんからは、発表当日お祝いケーキが。
どれくらい人が来るんだろうか・・・?と心配もありましたが、日頃から賑わいのあるかわプラザには、たくさんのお客さんがいて、みなさん足を止めて発表を見てくださいました。


客さんにも振り付けと、繰り返しフレーズを覚えてもらって、一緒に歌って踊ってもらいました。


手書きの歌詞ボード

映像と一緒に披露
小さな飛び入り共演者たちも
大きなお友だちも

統括本部長のマイクパフォーマンスも冴え渡ります。




曲が終わるとお店にはジェラートを求める長蛇の列が。
盛況のうちに発表会は終了しました。
制作した曲と映像はこれから毎日店舗のサイレージで流され、お客さんにこのお店のことを伝えてゆくので、いろんな方にこのお店や商品、生産者さんの魅力が伝わればなと思います。




自分の行った表現が伝播して、誰かがまた自身の表現を紡いでゆくということを、初めて非常に丁寧に体験しました。良いものができたので、何も言うことではないですが、こう言った行いが続いていけばなと切に思います。関わってもらった皆さんありがとうござました。ブログを読んだ皆さんも、いつの日かジェラートとスムージーを食べに来てください。エゴマジェラートと、グリーンスムージーおすすめです!



ジェラートアンドスムージー

 曲:西井夕紀子
うた:ジェラートアンドスムージーの皆さん
   生産者の皆さん

 ジェラート ジェラート ジェラート
スムージー スムージー スムージー
ジェラート アンド スムージー 常陸⼤ 宮のお店

ジェラート ジェラート ジェラート
スムージー スムージー スムージー
ジェラート アンド スムージー 茨城県の北側
ジェラート アンド スムージー
近くにあるよ久慈川

ファイブ。  エイト。  Go。 OMIYA。  (58ュ5038 )
ファイブ。  エイト。  Go。 OMIYA。  (58ュ5038 )

久慈川が春をはこんできたら
森のいちご さくら ピスタチオ キウイ
フルーツミックス パッションフルーツ
いちごみるく 梅酒 みんなジェラート

鮎ととともに夏が泳いでる トマト&バジル
ずんだ ココナッツチョコ チョコバナナ
クラッシュアイスコーヒー プレミアムマンゴー
奥久慈プラム 奥久慈モモ とうもろこし
今日は何にしようかな?

CHISAN CHISHO。 (地産地消)
CHISAN CHISHO 。 (地産地消)
ジェラート アンド スムージー

CHISANCHISHO  (地産地消)
CHISAN CHISHO  (地産地消)
常陸大宮のお店

*生産者さんを紹介・・手拍子

竹林に秋の⾵  キャラメルりんご ぶどう
かぼちゃ サツマイモ フランボワーズ カプチーノ

氷の花 シガが流れる冬は ごま 酒粕
きなこあずき 抹茶あずき ロマネスコ 常陸大⿊

 ジェラート アンド スムージー 常陸大宮のお店
ジェラート ジェラート ジェラート
スムージー スムージー スムージー
ちょこっと デザート ジェラート
ジェラート デザート ちょこっと

ファイブ。  エイト。  Go。 OMIYA。  (58ュ5038 )
ファイブ。  エイト。  Go。 OMIYA。  (58ュ5038 )

一年中ずっと楽しめる 瑞穂農場みるく
ブルーベリーチーズ チョコに 抹茶
レモン えごま
みんなジェラート
今日は何にしようかな?

小松 バナナ りんご キウイ
パイナップルに レモンを リズムよく カット!
お水と愛をミックスして できあがり!
グリーンスムージー!

ジェラート ジェラート ジェラート
他にもいろいろスムージー

CHISAN CHISHO。 (地産地消)
CHISAN CHISHO 。 (地産地消)
ジェラート アンド スムージー

CHISANCHISHO  (地産地消)
CHISAN CHISHO  (地産地消)
常陸大宮のお店

*生産者さんを紹介・・手拍子

ジェラート ジェラート ジェラート
スムージー スムージー スムージー
ジェラート アンド スムージー 常陸大宮のお店

ジェラート ジェラート ジェラート
わたしと あなたと ジェラート
スムージー スムージー スムージー
わたしに あなたに スムージー
ジェラート アンド スムージー
常陸⼤ 宮のお店

行こうよ Go。 OMIYA ⾏ 行こうよ Go。 OMIYA
 行こうよ Go。 OMIYA ⾏ 行こうよ Go。 OMIYA

 繰り返し


2017年9月6日水曜日

【知ったかアート大学 アーツ千代田校】



来週末になりますが、「ポコラート」という、障がいのある人、ない人、アーティストによる自由な表現の公募展の、「形にならない部門」に、「知ったかアート大学」を出品します。
千代田区にある3331Arts chiyodaにて1限目を行うので、都内や関東近郊などでまだ参加されてない方はぜひご参加ください。

また、上記の日の他の時間帯(12:00-13:30、16:30-18:30)は、ギャラリーBにて、即興物語作り「いちまいばなし」を随時上演します。
*今回は有料、申し込み制なのでご注意を。
日時:9月16日(土)、10月9日(月・祝)14:00-16:00
定員:30名
会場:3331Arts chiyoda ラウンジ
参加費:300円
お申込:開催日2日前の12時まで
詳細ページ:http://pocorart.3331.jp/vol7/ws/ws01.html
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「いちまいばなし」 by 佐藤悠 is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 License.